スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな演奏家 レオンハルト

好きな作曲家はバッハで、私にとってのパーフェクトはKANですが、


好きな(鍵盤)演奏家は、グスタフ・レオンハルトです。
チェンバリストです。オランダ。

現代に古楽の本当のすばらしさを伝えた人です。

鍵盤曲の演奏が主な活動でしたが、指揮活動もたくさん。
映画で、バッハの役を演じたこともあります。イケメンです。



去年1月に亡くなりました。












11年前、レオンハルトの来日のとき、チェンバロソロの演奏会に行くことが出来ました。


それまでも、CDをたくさん聴いてお手本にしてきていたので、
そのときは演奏も姿もすごく感動ものでした。



でも、いちばん目に焼きついて記憶に残る場面は、
レオンハルト本人が中休み時間に調律をしているところです。


恍惚。


とてもかっこよかった。


 





今も迷ったら、レオンハルトのCDを聴きます。




古楽の楽譜は指示が少ない分、解釈は演奏者の自由で、

でも、自由っつったって、本当にちゃらんぽらんに自由であるわけもなく、解っていないとダメで、

そこを考えていくところが面白いわけです。









これは器楽曲ですが、『ブランデンブルク協奏曲5番』のカデンツァは何度聴いてもトリハダです。
スコアを見ながら聴くのが良いです。

弾き振りの姿、見たかった。生で聴きたかったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます!

ブランデンブルク協奏曲5番! 

体中の気が浄化されて

血液がさらさらになった感じがします(>▽<)♪

No title

ペンギンのぺんきちです。
私も11年前、聴きました!
演奏はもちろん、すごかったけど、
あの、譜めくりっぷりが、カッコよかった。

亡くなる数年前、東京で聴く機会があったのに、
どうしても行けず・・・

残念・・・・・・・・

Re: おはようございます!

いもコンさん

カデンツァの出口のところ(合奏再開前の1小節)で、トリハダたつんです。

妄想は、私が楽器が上手で、楽団の一員になってるところです。あの中にいれたらなぁ。

有名すぎるけどやっぱり良いものは良いですね♪聴いて健康体!

Re: No title

ぺんきちさん

11年前!会場にいらしたんですね。名古屋です。名古屋でしょうか。
譜めくりっぷりははっきり覚えていません、残念。

その後の来日も知っていましたが、
演奏会に行けたのはやっぱりその一度きりでした。
合奏とかオルガンも聴いてみたかったです。

古楽にいつも触れられているぺんきちさんうらやましいです。
私も勉強します。
プロフィール

tomokoko

Author:tomokoko
愛知県日進市にて、
小さなピアノ教室をしています。
考えごとが多いです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。